癌が全身に転移する前に適切な治療を受けることが大切です

ドクター

気長に治癒を目指す

ドクター

現代人の不規則な生活の中で、増えている病は糖尿病です。糖尿病は症状の進み方によってその治療法も色々ありますが、根本的に大切なのは適度な運動と食事制限です。すぐに治癒する病でない為に気長に向き合っていくことも大切です。

もっと見る

長期の取り組みが必要

聴診器

糖尿病は肥満、食べ過ぎ、飲み過ぎなどの生活習慣の乱れによって引き起こされます。治療には食事の改善が最重要になります。必要な栄養素を取り必要以上のカロリーを摂取しないことが大切です。糖尿病はインスリンの働きが衰えて起こります。命にかかわる病気になるためことも考えられるのです。

もっと見る

転移する癌

看護師

癌が全身に転移するには、様々な仕組みがあります。最も多いのが、癌細胞が血液に乗ることで、全身に転移する血行製転移です。また、人間の身体には全身にリンパ管が張り巡らせれていて、そのリンパに乗っても全身に転移する場合があります。他にも、癌細胞が臓器の中で大きくなり、突き破って広がり転移する腹膜播種があります。癌は、種類によって転移しやすいものから、再発しやすいものとが分かれます。転移する可能性が高い癌には、乳癌や卵巣がん、胃がんや肺がん、大腸がんや肝臓がんが挙げられます。再発しやすいものとして、肝臓がんや食道がん、膀胱がんなどがあります。早期に治療を始めることで、転移を食い止めることは可能です。転移する癌には、臓器だけではなく、骨にも転移するものがあります。骨転移といわれる状態です。骨の内部には、骨髄といわれる組織があり、その骨髄は血液細胞を作る役目を担っています。そのため、骨の内部には無数の血管が存在しています。その血管を通り、癌細胞が骨髄にまで到達すると、そこに癌が転移することになるのです。骨に転移した癌細胞が形成を始めると、がん組織は大きくなっていきます。癌細胞が大きくなればなるほど、痛みが現れます。治療には抗がん剤が使用されます。全身に巡ったがん細胞に効果がある治療薬でもありますが、副作用で頭の毛が抜け落ちる場合もあります。まずは、全身に転移させないように早期に発見、適切な治療を行なうことが大切といえるでしょう。

女性にもっとも多い乳がん

待合室

女性にもっとも多いがんとして、乳がんがあります。早期に治療を行なうことで、全身への転移を食い止めることができます。自分の胸に異変を感じた時は、早めに婦人科を受診しましょう。

もっと見る