気長に治癒を目指す|癌が全身に転移する前に適切な治療を受けることが大切です

癌が全身に転移する前に適切な治療を受けることが大切です

医師

気長に治癒を目指す

ドクター

現代社会では多くの人々が日々ストレス社会の中で懸命に暮らしています。多忙を極める毎日の中でその生活リズムは乱れ、身体への負担にもなっています。そこへ食生活の欧米化なども重なり、生活習慣が原因で起こると言われる糖尿病を発症する人が増えています。糖尿病は血液中の血糖の値が高値となり、全身を蝕んで行く病です。程度により症状が異なりますが、発症しても初めは自覚症状がほとんどありません。たまたま健診の血液検査で血糖値の異常があったり、尿検査の異常から発見されることも少なくありません。また、病気が進行すると異常な喉の渇きなどの自覚症状が出てきます。さらにひどくなった時には合併症で目など身体の部位に異常を来すこともあります。治療法は様々で、病気の程度によって異なります。

生活習慣病としての糖尿病にはまず第一に運動と食事制限が必須の治療法とされています。運動により血糖値は下降する傾向が認められており、下降したベストな値をキープし安定させることが最大の治療法となります、もちろん血糖値を下げる薬を服用する方法もありますが、薬だけに頼ることなく、運動や規則正しい生活習慣を身につけることで、やがて薬の服用もなくなることにも繋がるのです。 症状が重くなると、インシュリンの注射が欠かせない人もいます。そうしながらも同様に生活習慣や食習慣を見直すことは大切なことです。食事制限も人それぞれですが、ヘルシーな糖尿病食を学ぶことも大切な治療の一つで、病院の管理栄養士などがレクチャーしてくれる場合もあります。このように、人により程度により治療法がことなるのも糖尿病の特徴です。すぐに治癒する病ではない為、気長に構えて生活を見直すことも大切です。